2017.02.19 6年目剪定
植え付けて5年経ったが・・生育が良くない。枝が立ち気味。主枝先端の結果母枝を1本仕立てにして下部の枝を残すように剪定。主枝は4本以下になるように切り落としておいた(ほとんどが2から3本主枝・・・思い切ってすべて2本にすべきか?)。亜主枝候補がもっと出てほしいが、鶏糞肥料は多めの方が良いのか?銀寄は徒長しそうなので4kg/本程度にしておいた。成木で7kg/本。・・少ない?
剪定1

剪定2
スポンサーサイト
午前中は第2栗園に鶏糞を6袋施肥。第1栗園の筑波にも4袋追加施肥。筑波の接ぎ木穂木を採取し最終剪定。
中央にあった直立の芯枝もどきを切り落としておいた。下枝に結果するとようやく樹形が固まってきた感じに思える。
穂木採取
2017.02.18 雪害
豪雪でサンザシの1年枝がボッキボッキに折れてしまった。3月には生き残り枝を整備。
雪害
少し早いが台切りをしておいた。豪雪で株元が浮いてきている。ヒペリカムは深植えが良い。・・らしい。今年は本田植え付けトライ。
台切り
大雪警報でまた積雪。昨日は納屋の片付けと来週は施肥できるように第2栗園の雪かき。本日午後には道路の融雪があったのでクリーンセンターへごみ運搬。穂木採取予定の筑波。来週は最終剪定と穂木採取しよう。
大雪警報
2017.02.04 見直し剪定
久しぶりに晴天。積雪も融けた。剪定枝回収と見直し剪定をしておいた。このあと筑波を中心に鶏糞を施肥。8袋/15本。樹冠が大きい木は1袋/本でもよさそう。あとは時間をみて少しずつ最終剪定。
見直し剪定1

徒長枝を生り枝化しているので極力上部の枝を落としておいた。徒長枝の途中から発枝は無理か?この木は枝垂れ枝に生る毬は必ず害虫被害になるので下向き枝はすべて切り落とし、上向き枝を残した。
見直し剪定2

立ち枝を落としておいた。銀寄は樹勢が強く上向き枝になって間延びした徒長枝になってしまう。枝垂れ枝で低い枝を作るのが難しい。何年もかけて上枝をカットして下枝を期待するしかないか!?
見直し剪定3
2017.01.22 除雪
早く雪が融けるように鍬で除雪しておいた。共倒れが多く、雪対策でフラワーネットを張ったままにしておいたのが逆に悪かったかもしれない。
サンザシ掘り起し
2017.01.21 雪害
先週は大雪で帰省できなかった。70cmの雪も少し融けているが、さんざしは雪に埋もれてかなりの枝が折れてしまった。氷状態になっているので枝を引き上げると折れてしまう。融けるのを待つしかない。今年は初出荷を期待していたが・・。
雪害2

1年枝も被害がありもう一度台切りするか?
雪害3

納屋のトタン軒も雪の重みで落ちてしまった。
雪害1
2017.01.21 剪定完了
雪かきを終えたので銀寄2本の剪定をして取りあえず完了。あとは見直しと筑波1本を穂木採取の2月に行う予定。高く伸びた立ち枝はカットしておこう。
剪定
2017.01.09 銀寄剪定開始
銀寄の葉が落ちてきたので剪定に着手。ここ数年どうするか迷っていた直径10cm程度の立ち枝を切断。銀寄は樹勢が強く徒長枝ばかりで生り枝を作るのが難しい。3連休で15本剪定。

生り枝が高い位置で有効な枝が少ない。下枝の影になり下の空間も遊んでいるのでので元から切断。もう1本低い位置からの発枝を期待。
立ち枝切断1

葉が茂ると昼でも暗くなる。食害もあるのでもっと光を入れるため切断。
立ち枝切断2

毬は生るが生理落果(受精不良)?が多い。主枝が多いので少し惜しいが低位置の枝を日当たりと風(花粉)通しを良くするため切断。中央部から向こう側が見えるようになった(花粉が良く通るかな?)。
立ち枝切断3