この季節は伸び盛りで1週間で様子が変わる。青い実も付けてきたが・・
サンザシ2

サンザシ1

もうアブラムシ被害。吸汁被害で茶色くなっている。
アブラムシ1

裏を見ると白い小さなアブラムシが動いている(台所で見るアブラムシとは全く異なる)。被害はまだ少ないが、1000倍希釈スミチオン約80ℓで葉裏を重点に防除。5月は毎週防除・・
アブラムシ1
スポンサーサイト
どうも筑波が凍害気味。銀寄は展葉しているが筑波は葉が見えない。10年以上の成木でも凍害?品種の違い?
凍害

接木1週間後。結果は10日ほどで出るらしい・・芽吹く気配がない。
接木
長年放置しておいた割れた板ガラスを修理。クリーンセンター処分した古い引き戸から外しておいたガラスを利活用。ガラスカッターが1,980円也。切断を失敗、2枚割ってしまった。オイルの出るカッターは+500円程高い。厚さ2cmくらいの板を定規に最後まで気を抜かずにカッターを引きぬく。一発で決める・・ことが大切。これさえできれば初心者でも安い方で十分。道具は高いが業者に頼むよりはハルカに安い。
ガラス修理2

寸法出しをチョンボ。1mmほど隙間が空いてしまった。テープで塞ぐことにした。古い窓なので塗装も検討。
ガラス修理3

農作業をしていると自動車事故のような大きな音が。ダンパーが付いてなかった半開きのドアが風で開き、赤いホース収納箱の角にドアガラスが当たって割れてしまった。こんな大きなガラスの予備は無く、かなりの出費を覚悟したが古い木板がガラス溝にピッタシなので苦心して応急修理。防腐塗料を塗っておいた。仕上げはポリカ波板を張り付けておこう。
ガラス修理1
大きくなってもいずれ不要となる2年枝の下部20cmの芽を摘んでおいた。とは言っても手袋をはめた手で剥ぎ取るだけ。5月になると剪定鋏が必要になり手間がかかるので4月内が適期。出荷時の手も省けるらしい。新梢は草押さえ効果を期待して残しておいたがどうか・・ナ。
芽欠き

3週間ぶりにバスター除草をして1年枝はフラワーネットを張っておいた。
ネット張り1

3月中旬に台切りした1年枝の新梢が伸びてきた。1ケ月ほどすると20~30cm程に伸びる。フラワーネットが無いと風で折れてしまう。
ネット張り2
接木に再々チャレンジ。縮伐後に伸びた銀寄席の徒長枝に筑波を接木。今年は昨年より早め(ソメイヨシノの散るころ)に実施。
接木2

テープの隙間はトップジンで水侵入対策。接ぎ木講習会に都合がつかず今年も我流で。神頼み・・。
接木1
2017.04.09 萌芽
芽が膨らみ葉が見えてきた。

銀寄の方が早い。
芽吹き1

筑波は来週くらいか?
芽吹き2
2017.04.09 展葉、開花
今年は少し気温が低かったのか1週間ほど遅れで展葉し開花。
開花3

3年枝。出荷できるか?雪害でかなり被害が出たが・・。
開花2

2年枝。枝の伸びが悪い。今年の伸びに期待。倉庫に眠っていた遮光ネットを防草シート代わりに敷いておいた。防草シートは強風対策でピン止めが必要なのと灌漑時の透水性が流れ出た土の目詰まりで悪くなるような気がする。防草性はどの程度か?透水と強風に強いのではないかと期待。
開花1

株抜き完了。欠株を引き抜いた株で埋めておいた。新稙更新の手順を検討しておこう。
株抜き完了
台切りを1畝追加。古サンザシの株抜き開始。意外と抜きやすいがもう1日かかる。暑くなる前に完了し梅雨までに一度耕起したい。9月には畝立てと堆肥混和、10月に元肥の化成肥料と油カス、11月に防草シート敷設と植え付け。防草シート抑えに抜き株を乗せておいた。約130本の苗があるので2畝を整地、秋に植え付け予定。植え付けておけば除草のし甲斐がある。更新ローテーションと挿し木計画を立案せねば!4年計画・・かな?
株抜き
2017.03.24 溝掃除
栗園際の水路を掃除。溜まりの石を撤去し、泥上げして栗の肥料に。底を見たのは初めて。50年ぶりか?
溝掃除1

溝掃除2
2017.03.19 第1回除草
去年は「3月に1度除草をしておけばよかった」と反省した記憶があるので、春草が大きくなり始めたこともあるので、バスター+トレファノサイト+プロブレックス150倍希釈で除草しておいた。フラワーネットも取り外しておいた。降雪前に外すほうが共倒れ防止になるのでベターか?
除草